\ Philosophy /

子どもたちのミライのために
伊東塾と一歩ずつ歩んでいく
「伊東塾」という場

受講をお考えの方は、強い思いと期待を持って、ぜひ当塾の提供する“場”に実際にご参加頂き、当塾の空気感、想い、熱さを感じるために、一歩を踏み出していただきたいと願っております。
塾という「場」は、単純に勉強だけに没頭できる場ではありません。人と人とが“泥臭く”触れあい、時に楽しく、時に喜び、時に傷つき、時に怒り、etc…
講師対生徒、講師対保護者、保護者対子ども、生徒対生徒、さまざまな人たちが、さまざまな感情を持ちながら、理解と葛藤、競争と協調をくり返しながら、大きな信頼関係を築く「場」であると思います。

一番大切なのは信頼関係

少なくとも、私どもは、成長期にある大切なお子さま方の貴重な時間をお預かりし、将来の進路決定の一端を担う責任を負っております。
その重い責任を全うするためには、受講されるお子さま方はもちろん、保護者の皆様方にも、まずは私どもの目指すモノにご賛同いただき、私ども塾スタッフ、受講生、保護者の3者が、今後長い間、お互いに信頼関係を築くことのできる土壌を作る必要があります。

塾を通じて勉強だけではない
大切なことも感じとってほしい

私どもは、日々の勉強を通して、お預かりした大切なお子さま方が、将来を後悔しないための道しるべとなりたいと思っております。 塾という存在である以上、お子さま方の成績アップを期待されていることは重々承知ですが、子どもたちの“将来”という長いスパンを考えれば、子どもたちに伝えなければならないもっと大切なことがあるはずです。 なかなか言葉や文章で表しにくいこと。でも、私ども塾スタッフが経験を通じて理解していること。そうした想いを、生徒ひとりひとりの胸の奥に伝えること。それが、当塾の役割の一つだと考えております。 その役割の大切さをご理解頂けるならば、当塾に入塾される大きな意義と価値があると思っております。

伊東塾 代表 伊東俊幸